「想定外」の割れ

このところの酷暑で、工房作業を朝方に切り替える。早朝散歩の後、磨きや細々した仕上げ。仕掛残りのボコーテペンダント3個を仕上げにかかる。2個目にどうしたことか「想定外」の割れ発生。ひび割れは見当たらないし、無理な力も加えてないの全くの意外。こんなこともあるのだ。在庫豊富材ならすぐ廃棄だが、ポコーテは取り寄せ品でmy工房にしては高価な部材。勿体ない。

偏芯穴あけ治具に咥えて30mmの穴あけ。途中でポロリ落ち。自然の材は何があるか分からん。

2個は完成したが、気持ちもプッツン。am11:15には37.6℃に。

31℃のmy roomに逃げ込むと涼しく感ずる。

塗装は明日朝方に後回しに。

昨日シーラー塗布のペンダントを#800ペーパーで磨き、水性ウレタンニス塗布へ。

この酷暑で塗布すると、拭き取る間もなくすぐ乾燥が始まる。

アクセサリーboxの蓋用に、ミズキ径60×厚30mmの円板作り。

am11:15には37.6℃。1時間朝方に前倒しで、作業時間はいつもの通り。37℃オーバーは夏休みに。