試行錯誤の連続で

甲子園の大優勝旗は大阪へ行って夏が終わった。心情的には北陸へ行って欲しかったが熱戦の結果では致し方ない。今朝のam5:20のウォーキングスタートは26℃で「涼しさ」出始めた。黄色味始めた田んぼをみながら1万弱。

昨日に続いて「偏芯ターニングで作る楊枝挿し」作り。試行錯誤の連続で一発完成は中々難しい。まぁ楽しみながらのターニングでのんびりと。

やっとイメージ通りに「出来た!」と思った瞬間ガリッ。台(ベース)に引っ掛けて飛び弾けてしまった。一瞬の気の緩み。止む無く脚の部分を径12.5mmにして台(ベース)を別のミズキで作り差し込む。

左端が台(ベース)を別に作り差し込んだもの。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    turningpoem (木曜日, 22 8月 2019 17:54)

    甲子園お互いに残念でした。
    鈴木先輩に触発されて僕も楊枝差し楽しんでます。ペンを挿してみたらこれもグー。後一週間も過ぎればターニングに良い季節になると思います。お疲れにならない程度に頑張って下さい。

  • #2

    つねさん (金曜日, 23 8月 2019 16:31)

    ありがとうございます。
    poem匠の作る「楊枝挿し」は、さぞ見事なものと思います。
    ペン立てにも応用とは思いつきませんでした。
    8/25(日)近くの材木店で夏祭りがあります。出品しても反応が心配です。
    ターニングズンが待ち遠しいですね。