国が変われば卵焼きも

am昨日の出店片付けと、週末の幕張メッセDIYショー出展準備で一汗。

どうも右上背中の痛みが抜けず、当分物つくりはお休みにするつもり。代わっていつものyoutube「タイの巨大アヒルの卵焼き」=ベンコクタイの名らしいのをup。貧乏学生時代は年中のすきっ腹。腹いっぱい食ってみたいと、当時のコッペパン10個を食った。別の日は念願のゆで玉子を10個食って満足した事があった。爾来「玉子好き人「」になり、今もってテーブルに目玉焼きが乗るとご機嫌な単純人間。youtubeサーフィンで目に留まった巨大卵焼き。

玉子焼きは、溶かして焼くのかと思ったら半熟にゴテゴテ何やら乗っけて食べる。国が変われば卵焼きも変わるもんだ。料理に一種と思うが。

 

何十個かのアヒルの卵を半熟に茹で、皮をむいて油いため。焦げ目をつける。

炒めた卵を半割に。手つきや周囲をみると、食べ物なのに・・・

大皿に盛りつけた半割アヒルの卵の山。

何やら香辛料+調味料たっぷりのソース(液体)掛ける。

玉ねぎ・ニンニク・唐辛子を黒こげに炒めたのをまぶす。

花のタイ国らしく、花弁をちらして飾りつけ。

出来上がりの卵を小皿に取り分け。

長粒米のご飯と混ぜて食す。食べたい様な食べたくない様な。でも一度はこってり味付けアヒルの卵焼きも悪くないな。