続けてごま摺り器

昨日に続いて今日も「ヒバごま摺り器」作り。ひび割れと節の関係で、木取りが柾目掘りに。板目掘りが掘りやすくきれいに仕上がるが残念。

荏油塗布して黄色味が強くなる。

切り落とし端材活用で贅沢は言えず。ひび割れ・節を避けて柾目方向にターニング材に挽く。

径90×高さ100mm。すりこ木棒は、同じくヒバ材で35×35×200mmの木取り。

4個分を作る。

深さ60mmのガイド穴をあけて掘る。板目掘りより硬く、ペーパー掛け仕上りがいまいち。

底の仕上げがちと手間取る。

擂り粉木は160mmにしてやや太めに。白木の完成。

杉とヒバ材のお椀。木固めエース4回目の塗布。