雨で不発・残念

今日は東京・新座市・東京新宿材木市場埼玉センターで「木とのふれあいまつり」に出展。am7:20一番乗りで駆けつけるも雨・雨・雨で期待外れ。am10:00~pm15:00までの時間、14:00頃になってやっと上りるも時既に遅し。年々来訪者減の様子だが、今年は例年の半分くらいかな。あちこち閑古鳥の不発イベントで残念。雨さえ降らねば期待出来たと思うが、お天道様は何処へ。来年参加出来れば期待したい。つねさん工房のコーナー、今回は子供相手の切り抜き手形と糸鋸教室をメインにしたが、肝心の子供達が少ない。

 

ターニング木工仲間8人が持ち寄った木工品を展示販売。寂しい。

ファルカタ材で糸鋸で作るサンプルと台板。雨で一時日避難もあり×。

小学2~3年生か、ベテラン担当の手ほどきで「糸鋸切り抜き」に挑戦。

お魚釣りも用意したが×。

幼稚園児たちがヘルメットを被ってトントン・コンコン楔打ち込み。

桧材のジャングルジム組み立て。

例年は、子供たちが群がって乗ったり潜ったりで付き添いが大わらわ。今回はボツボツ。

2016年ミス日本みどりの女神が突然来訪。リンゴ型切り抜き手形をもってパチリ。さすがに「女神は背高のっぽ」。当方は年々2~3mm縮まっていく28才。

この瞬間だけは「えぇ~がったなぁ~」。

この女神は何人いるのか?毎年代わっての新顔女神。

pm14:30最後のセレモニーで「建前」の披露。昔は餅を撒いたが、今どきはお菓子とタオル。子供も大人もこれだけは我先に手を伸ばす。

主催者は、子供たちに別に手渡しでお菓子をプレゼント。気配りgood。