ヒバ椀を使ってみた

あと数時間すれば、春日部にも19号が襲って来る様子。朝からの大雨で、工房の雨対策にうろうろ。真上からの雨はOKだが、横殴りの強風雨には何処からか漏れてくる。素人DIY工房の悲しさ。作る気にもなれず、TVの台風報道とにらめっこの一日。代わりに9月にヒバ材でお椀を10個ばかり作ったが、9/30に実際に使ってみたのをup。標準は径120~130mmだが、この椀は小さく径100~105mm。材の幅が105~108mmで限界ぎりぎりに作る。使用感は軽くてgood。ご飯は朝飯だけで、昼はパン、夕はおかずだけ。この夕食は写真を撮るのに盛ってみた。味噌汁は杉椀。保温性が良く、熱くなく冷めにくい。

十数年来使っている焼き物椀。次兄が自宅の工房「陶遊人」で作ったもの。250gあり、分厚くどっしり。

手に馴染んで重さは感じなかったが、ヒバ椀を使うと重いっ!

ヒバ椀は60gで持ってみると軽っ!

味噌汁の杉椀は110gで樹脂椀と同じ。樹脂椀は熱さが気になるが、杉椀は全然気にならない。会津塗の味噌汁椀を永年使ってきたが、30年も使うと剥げて手許の樹脂椀にしていた。

ヒバ・杉椀とも食洗機に入れられず手洗いのため、少々手間だが慣れればOK。

 

19号余波で暇な一日。ピンチヒッターで、大分前の紹介。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    chipsnobu (土曜日, 12 10月 2019 21:51)

    確かに陶器の器は熱い物は持てませんね、杢の茶碗は保温性も良く持ちやすく熱も伝わりにくい、良いことずくめですね、但し食器洗浄機には不向き、これは仕方ないですね。

    台風被害がないことを祈っております。

  • #2

    つねさん (日曜日, 13 10月 2019 17:28)

    訪問頂きありがとうございます。
    年々筋力が衰え樫・欅等の堅木は苦手になり、スギ・ヒバ等の柔木に「逃げ」になってきました。今まで敬遠していた材も、使ってみると案外gooです。
    お暇な折には、時折訪問下さい。