ねず公達のファッションショー?

今日は天皇の代替わりで、国民の祝日にしてのおめでたい日。あいにく肌寒い雨の一日。世界各国から貴賓来訪、スカッと日本晴れになって欲しかった。第126代(令和)天皇、全世界に発信されたが、見合う認知度と有意義な天皇になってもらいたいもの。台風の全日報道より、このおめでたい終日報道の方が明るくなる。比べてはっきり分かる我が系譜は、せいぜい三代目まで。終戦で北京から引き揚げてきた祖母の面影が残る位。本家筋迄遡れば、最古の戒名が340年前の延宝7年(1679年)との事。相変わらずの干支「子」のターニングday。あまり変わり映えしないので、ちょっといたずらして「ねず公達のファッションショー」よろしくカラフルベルトを巻いてみる。どうかな?

エプロンの紐を締めたみたいな後姿に。

残ったブナ材丸棒5本で作る。

玉子型にツルツルヒピカピカ。

埴輪型にツルツルピカピカ。

鼻と目玉は黒檀で径3mmの軸にする。小さくて無骨な指では切り落とすと散らばり、探すのにうろうろ。ケヤキ木っ端に3mmの穴あけ。差し込んで切り落とす。散らばらずgoo。手間が省けて数倍早くなる。

後から竹串で突いて押し出す。OK。

革ひもがごちゃごちゃあったので、ベルトに巻いてみる。華やかにgoo。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    木挽屋 成瀬吉明 (水曜日, 23 10月 2019 19:34)

    耳がなんとなくワンコを連想させるような(汗) 実はオイラわんこファンなのでつい何でもわんこに見立ててしまうのですが(大汗)

  • #2

    つねさん (金曜日, 25 10月 2019 18:10)

    同感です。作ってる本人も仕上がってみると{???}。まぁいいじゃないですか、気が向いたら、またまた国籍?・名称不明のラットorマウス・ねず公・子が出来るかも、