見てくれは悪いが

皮肉にも霜月入りの今日は、穏やかな秋晴れで暖かく気分良好。庭の貧相な柿の木もすっかり葉が落ちて、実が目立ち取入れ。手入れもせずほったらかしながら「見てくれは悪いが中身は美味い」と自賛。へたに蟻んこが付いているので、バケツに入れて満水に。蟻んこは這い出してスッキリ。水洗いして水切り。今年の柿は先日は20個、今日は80個で約100個の収穫。まだ20~30個程枝についているが、小鳥のおやつ代わりに残して置く。My工房の木工品も「見映えは良くないが味がある」との評価を頂いている。柿も似てきたのかな。