暫くぶりの夢工房

今日は暫くぶりに夢工房訪問。3ケ月振りの訪問はこの10年来初めての事。いろいろ打ち合わせとせと、常連さん達とお茶のみ雑談も。

楠材で彫ったと思うが、夢工房の看板も10年経つと色褪せてきた。

チェンソーアートの「ふくろう」は確か川越の木挽屋さん作だったと思うが・・・同様に。

ターニングは12月から再開予定で、今日の工房は静かなもの。

手前の2台がVL-200、奥の2台がVL-300/2台。奥右はVL-100。

my工房のビーバーより段違いに本格的、安定感あり早く再開したいところ。