日が短くなって中途で

日が短くなって、木工や雑用時間も短くなってきた。24時間は変わらんが、リタィァ生活は日の出、日没が基準時間になって活動時間が短くなった。午前午後の小間切れ木工で、干支の「子」5個仕上げ予定が、pm16:30には暗くなって中途半端で終わった。電気を点けてまでやるほどの事でもないし、明日まとめてやろう。

けやき・さくら・ミズキ角材を引っ張り出して丸棒作り準備。

上2本のケヤキは、木目が柾目方向が75mmで短く、丸棒にターニング始めるが、ガリガリ引っ掛かりダメ。下の他はOK。予定の4個分がダメになったので、樫材を使う事にする。左上他。

丸棒を長さ100mmに挽く。

けやき材、目鼻耳の穴あけ。

ごま摺り器用に木取りした樫材がある。ケヤキがダメになったので、代わりに使ってみる。堅い。

この樫材は長さを90mmに木取りしてあり、10mm足りないので坊主頭にする。

ツルツルヒピカヒピカ磨きして、目鼻耳の穴をあけたところ。目鼻を黒檀で作り、耳尾は皮を挿し込む。樫材の上に乗せたところ。