黒耳兄弟

温かった昨日から一転、やけに寒い一日。11月も下旬となると初冬かな。

今日は樫材で相変わらずの干支「子」作り。黒檀の目鼻と皮の耳尾はいつもと同じ。黒色皮端切れだけで黒耳兄弟5匹誕生。11/30(土)のイベント用に30個程溜まったので一段落。樫はどっしりして存在感・重量感ありgood。

作り始めの頃は、耳の取り付けは見える方(耳の正面)を皮の表面にして、耳裏は皮の裏側でケバケバにしていた。you tubeで見ると逆なので、同じように取り入れた。実物はどうか良く分からんが、多分you tube方式だと思う。

ごま摺り器用に用意した樫材。

径70×高さ80に木取りしたもの。作ってみると固くて閉口。外側ターニングは容易だが、内掘りが大変で、肩が痛くなり止める。勿体ないので干支の子に転用。子にはもってこいの樫材。

ツルツルピカピカ磨きには適して、仕上がりgood。

仕上がったbody。目鼻耳尾の穴あけすみ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ひねもす工房 (火曜日, 26 11月 2019 20:38)

    ピッカピカのネズミですね。しかも樫材のネズミとは高級感が溢れています。

  • #2

    つねさん (木曜日, 28 11月 2019 13:14)

    ありがとうございます。ごま摺り器用に木取りしていたが、固くて閉口。
    干支の子は外側ターニングが簡単。仕上がりはgooでした。