セン材の円筒挽き

今日から師走入り。当地の早朝は0℃との事。am6:40・テクテク出発時の工房は4.4℃で寒い。昨日のイベント持ち込み品の整理や庭片付け等で木工は2時間のみ。イベントで予想外に「ごま摺り器」が好評で至急在庫補充しなくては。撥ねたヒバ材しか無く、センの厚板を引っ張り出して円筒作り。

擂り粉木棒はヒバか樫になるが、異材の組み合わせはどうかな?

セン厚板で90×90×90mmのサイコロを木取りする。

センのターニングは、粘っこくてバイトの切れ味落ちると途端に逆目がひどい。ヒバ材円筒は撥ねた材。勿体ないのでな何とかしようと思う。

フォスナービット径60mmでチャック掴み代を掘る。