干支の在庫補充

朝日を浴びてキラキキラ輝く霜に覆われた田んぼや畑。一番日の当たる4.000歩コースをテクテク。毛糸の帽子に手袋までして、すっかりジジィになってしまった。今日は自治会ハイキングサークルの忘年会。ほとんどお馴染みの顔で気楽な「昼食会」。一頃は10km位歩くハイキングサークルだつたが、寄る年波で、最近は電車・バスハイクになってしまった。合間に干支「子/ねずみ」を在庫補充に作る。来週からのイベントや年末にまでに、友人知人に贈るのがありまだまだ続く予定。今回は白いミズキだが、ちょっと悪戯に皮のワンポイントを付けてみた。11/末のイベントでこのスタイルが真っ先に嫁入りして行ったのがヒントに。

50年位前に「バクシャン/バックがシャン」の後姿美人の形容詞があった。この子もバクシャンに見えてほしいがなぁ~ >

径60×100~120mmのミズキ在庫で干支を作る。

高さ120mmあるミズキは、偏芯ターニングで頭をずらす。

目鼻耳尾を先に穴あけしておく。

目鼻は3×耳と尾は4.5mmの穴。

黒檀で目鼻をターニング。鼻はツルツルピカピカに磨く。軸3mm。

細い革紐と細かな端切れでアクセントを付ける。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (日曜日, 08 12月 2019 23:20)

    可愛い干支が完成しましたね。
    頂いた人喜ぶでしょう。

  • #2

    つねさん (月曜日, 09 12月 2019 21:01)

    ありがとうございます。こんな事くらいしか出来ませんので。
    どんな反応が見られるか楽しみです。