吊るし柿三様それぞれ

天皇代替わりの令和元年もあと三日間を残すのみ。スタンドの洗車は朝から行列やスーパー店頭の正月食品に年末の慌ただしさが迫る。昨日で木工打ち止めして、今日から年末「大掃除」開始。庭・工房・自宅・玄関外回り等々で草臥れた。工房の屋根下に約2ケ月間近くぶら下げていた「吊るし柿」を取り込む。頂き物の甲州百目柿の干し柿・山形り紅吊るし柿・my工房の吊るし柿を並べて三者三様でそれぞれ。甲州百目柿は、ねっとり大甘、柔らかくケーキの様で包装袋に240Kcal/個とあった。うかつに食べられないな。山形紅吊るし柿は、昔からの伝統干し柿(柔らかい)。my工房のは、渋柿で吊るしたつもりが甘柿だった。吊るし柿の楽しみ(おっぱいもみ)は、残念ながら未熟おっぱい並みで、小さくペチャパイで無理だった。

実家の柿で、昔ながらの小さくて種がごつごつ入っている。T字型の小枝が付いていなかったので、竹串を刺してぶら下げていた。カビも生えず自然に固まって干からびた。

外側は固いが、噛むとじんわり甘みが出て吊るし柿本来のうま味が出る。

先日掛かりつけの医者に行き定期健診。Drよりお正月食べ過ぎて太らない様に!!!の有り難い「お言葉」。吊るし柿を食べたいが、程々に出来るかな?

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (土曜日, 28 12月 2019 22:40)

    柿美味しそうですね。
    今年1年お世話になりました、いいお年を迎えてください。

  • #2

    つねさん (日曜日, 29 12月 2019 16:24)

    ありがとうございます。大したことはやっていないのに一年が終わり早い。
    MU工房さんの新作拝見で楽しい亥年でした。
    来年も「目の保養」にどしどしupして下さい。良いお年をお迎え下さい。
    吊るし柿、頂きものが溜まり体重計と相談しながらの賞味になります。