最後の一刀でぶっ飛び

やや北風が強いが、一日中晴天で日が長くなってきた様子。今日は昨日に続き、ケヤキ菓子器革木目込みを2個作る予定でターニング開始。最初の1個目はスムーズに仕上がる。この調子と2個目のターニング。仕上げの最後の一刀で、どうした事か前触れなく「バッキーン」とぶっ飛ぶ。小さな節か黒い点々が気になっていたが、まさかぶっ飛ぶとは思いもせず。バイトを離す瞬間に引っ掛けたのかも。約1時間のターニングがパァー。こんな事もあるさ。

 

欅円筒を2個用意。

ぶっ飛んだ片割れを探すと背後の棚下に落ちていた。

最初の1個はスムーズに完成。穴あけ終わり、クルミオイル塗布したところ。

革平紐5×2mmを20mm間隔で円周に木目込み。