計算が合わなくて

木曜日は定例グラウンドゴルフだが、朝からの雨で中止。予定変更で「良かった?」。革平紐編み込みの菓子盆を3枚作る予定でターニング。気温が7℃から上がらず。寒いが、窓・引き戸全開でターニング。左の1枚目はOK。2枚目は穴あき失敗。3枚目は寸前のところで気が付きセーフ。右・クス中央にガイド穴が残る。1枚目は厚45で高台5、ガイド穴30mm。底厚10mの計算。2枚目は掘り過ぎて穴あき、3枚目は厚35に対してガイド穴30のテーブついたまま穴あけ、ターニング中に底が薄いのに気が付き穴あき寸前で中止。自分では気配りしている心算でも、何処か散漫になっていて失敗。こんな時はstopに限る。

セン3・クス1・カヤ1枚を引っ張り出し菓子盆作り予定。

ガイド穴目印テープのずれに気が付かず、掘り過ぎて穴あき失敗。

このクスもガイド穴の深すぎに気が付かずターニング。どうも音が気になり、中止・厚測り、間違いに気が付き寸前でセーフ。どうしょうもないな!!!

上・センの穴あき失敗、左・セン、右・クス。クルミオイル塗布。

革平紐は幅5×厚2mm。仕上がりを見ると、厚1.0~1.5mmが良さそう。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MU工房 (金曜日, 24 1月 2020 12:32)

    穴????こんなこともあるんですか。
    革紐の器珍しいです。

  • #2

    つねさん (土曜日, 25 1月 2020 21:28)

    未熟な腕は、いつまで経っても上達しない。風通しの良い器にしょっちゅうなっています。
    100%木製の器に変化を付けた(目先を変えた)木工品にいたいと思ったら、こんな事になった次第。新製品が出来なくて。