上品な?色合いかな

北風強く冷え込み厳しい。昨日白ケヤキ材を探していたら、奥からカエデ・セン・カヤの円板が出てきた。今日はカエデ材の「菓子盆革平紐編込み」を作る。隙間風ピューピューで手がかじかんで今冬初めての事。カエデは粘っこくてターニングとずらいが、ミネラルオイル塗布で上品な?色合いとなった。

カエデ・径160~190×厚35mmの円板。

am9:00の工房は1.8℃、暖房入れ9:30に3.1℃でターニング開始。手がかじかんで、こんな事今冬初めて。日中も7~8℃までしか上がらず寒い日。

封を切っていなカッティングボード専用オイルがあった。ミネラルオイルとの説明文があり、仕上げにコンディッショナーを摺りこむ。食品OK。

3~4年前までは、色んな樹種でテーブルボートを作り、カッティングボード専用オイル仕上げで好評だった。予備の在庫が出てきて、暫くぶりに使う。

幅5×厚1mmの茶色革平紐をアマソゾンから取り寄せ。20mm間隔で5mmの穴あけして編込む。

材は灰色で地味だつたが、オイル塗布で上品な?色合いになった。写真より実物の方が存在感あり気に入った。