目に留まった小槌

今冬一番の冷え込みか。am7:30の工房は-2.1℃で庭土は霜柱が立っていた。am・pm通院掛け持ちと野暮用で木工やすみday。代わりに国会議事堂・裁判所等でみられる「小槌」をup。小物ターニングで目新しい物を探してnet流し。目に留まったのが、裁判所と思しき卓に鎮座する「小槌」。ブビンガ材の様に見えるが見事な仕上がり。ブビンガは堅い材で小槌にはもってこい。でも作っても使い道が狭く限られているのでダメだな。出先の工務店や薬屋もamは凍って水が出ないとの事。雪国では日常茶飯事でも温暖・春日部ではこんなことも話題に。am11:00帰宅して工房はまだ1.2℃。手がかじかみながらバイト研ぎ。冬の5℃以下、夏の35℃以上は工房作業は止めよう思う。