10年早かった

リタイァ後15年経ち、DIY木工を初めても約15年。縁あって、12年前・さいたま市浦和の「夢工房」入門。工房主の佐野征男さんに木工旋盤を習い今日に至った。その佐野さんが亡くなり、昨日の通夜・今日の告別式が終わり気が抜けた様な感じ。多彩な人脈で、大勢の参列者からの感謝の念を受けながら旅立たれた故人は一面幸せかもしれない。ここ十年来「日本ウッドターニング協会/JWA」を設立し、全国70名にもなる会の陣頭指揮をとられた功績は佐野さんの人徳によるものと思っている。76才での幕引きは10年早かった。これからは、夢工房門下生・JWA会員としてご指導頂いた事を無にしない人生を送りたい。 いよいよ出棺。最後のお別れに合掌。

想い出の写真や作品が展示され、多彩な人脈と多芸多才振りが偲ばれる。

JWA発足記念に、まだ木工初心者だった頃、トリマーでフリーハンドで彫り込んだ小判型看板。佐野(前)会長がJWAのマークとして採用された。こんな事なら、もっと丁寧に作るんだったと思う次第。でも良い記念になった。 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Turningpoem (日曜日, 16 2月 2020 17:22)

    昨日の通夜そして今日の葬儀と大変ご苦労様でした。小生参列出来ず心苦しく思っています。東北の地から佐野さんのご冥福をお祈りしています。
     常さんはこれからも健康で佐野さんの分までターニングをお楽しみください。

  • #2

    つねさん (月曜日, 17 2月 2020 17:06)

    ありがとうございます。少なくなってくる交友関係で、身近な「木工仲間/師匠」が亡くなり、本当に寂しくなってきました。
    通夜・告別式で、大勢に見守られて、送られた佐野さんは幸せだつたと思います。2/末で夢工房は解散。JWA・今後の方針は、近々役員会で協議するとの事です。告別式で会った会員は、「是非JWAを継続して欲しい」との話もありました。佐野さんあってのJWA。難しいですね。相談に乗ってあげて下さい。