慣れた手順で

昨日に続き春一番か、春風が吹き荒れる。pm15:30、工房は17.8℃で暑くなく寒くなく良い塩梅な陽気。庭の水仙・クロッカスが咲き、チューリップ・ヒヤシンスが日毎に伸びたしてきた。今日はいつもの慣れた手順で「さくら革平紐編込み菓子盆」作り。予想外のひび割れが出て仕上りが小さくなりバラバラに。蜜蝋+カルバナ+オレンジオイルのブレンドWaxを温風でオイル状にして擦り込む。さくらの良い色なにった。革平紐幅4×厚1.5mmを編込む。

 

さんら円板に書き込みサイズよりひび割れあり、仕上がり小さくなった。

いつものテープメジャーを貼り付け、20mm間隔でポンチ。

下穴2mmあけ、4.5に広げる。溶かした蜜蝋を摺りこむ。

本牛革平紐を編込む。茶・焦げ茶・黒・オレンジの4色。