本格的に桐盆作り

昨日一日のんびり木工休養dayで、背中の重みが軽くなった。午前中のターニングで、桐盆5枚と杉柾目皿1枚を仕上げる。1枚30分程度で気持ちよく。

pm木固めエース1回目の塗布。本格的な桐盆作り開始へ。

今日の予定、径30×厚24mmの桐円板5枚を用意。真空引きでチャック掴み代60mmを掘る。

先に裏面作り。チャック掴み代径75×深さ3~4mmを掘り、裏面をターニング仕上げ。

ひっくり返して表面をターニング。荒材円板は、厚24mmだが、裏表一皮むいて厚20なる。縁立ち上げ8×底厚8mm前後にターニング。

桐は柔らかく軽いので、チャック掴み代4mm前後でOK。

ついでに杉柾目円板・径300×厚40mmで高台付き皿をターニング。

円板厚40mmを裏表一皮むくと35になる。高台12mmにして深さ8に。

高台をやや高く12×幅7mmにする。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    hiro_portfolio (日曜日, 01 3月 2020 12:43)

    お世話になっております。
    木固めエース1回目の塗布とありますが、1回以降は塗らないのですか。
    クリヤーは塗りますか。
    私も、今回木固めエースを初めて使い3回塗りました。
    これからもう少し木工ターニングの趣味を増やして行こうと思います。

  • #2

    つねさん (日曜日, 01 3月 2020 16:37)

    多芸多才な貴殿には、ターニングは物足りないと思いますが面白いですよ。
    木固めエースは、お盆・お皿等の汁物用でなければ通常3回。汁もので5回程度です。最近はクリヤーの塗装は無し。最初の頃はクリヤー仕上げでしたが、無くとも大差なく止めました。今のところ問題はありません。
    夢工房は、佐野さんが亡くなり2/末で閉めました。仲間が減って残念です。JWAの今後は検討中です。何らかの機会に参加出来れば良いですね。

  • #3

    hiro_portfolio (日曜日, 01 3月 2020 20:58)

    つねさんへ
    ありがとうございます。
    マニュアル通りするよりも実際行っている人の経験がなによりも参考になります。