黒檀の「オイル漬け」

昼食時にTVを眺めていたら、何chだったかで「柘植の櫛」作りが放映されていた。材から完成まで7~8年掛かるそうな。稀少高級品で¥15.7000-/個もするとか。放映の完成品は¥88.000-と出ていた。特に気になったのは、燻製を10回、仕上がり品を椿油に1週間漬けて磨き完成。今日は出る当ては無いが、黒檀ペンダントを作る。柘植の櫛・椿油漬けを転用して「黒檀のミネラルオイル漬け」を実験。ベタベタに付けて拭き取らずそのままに。後で上にオイルを浸したウエスを被せて置く。2~3日したら拭き取り磨きしてみるつもり。

棚から塩ビコンテナ(上のケース)に入っていた黒檀板材55×55×10mm前後が出てきた。忘れていたもの。

そのつもりは無かったが、円板に挽き、中心に2mmの穴あけ。

ここまでやったら、自然とターニングへ。

スピンドルでターニング。

先に円板ターニングして、後でまとめて偏芯穴あけにする。

偏芯穴あけ治具で25と15mmの穴あけして角落とし。

ターニング完成。この後ミネラルオイル塗布へ。