忘れていた寄木器材で

雑用済ませてam11:00工房へ。さて今日は何をしようかと棚奥をごそごそ。出てきたのは、7~8年位前に夢工房で「仲間と一緒に「寄木器作り」を習ったと思しき材が2個。そのうち作ろうとほったらかしで埃まみれに。やっと陽の目を見た次第。my工房の「木工品販売」は実用品一点張り。ナチュラルエッジや寄木器を随分展示したが、売れた記憶が無くほぼ贈答品になった。こんな次第でこの二種は鬼門。段取りしたが、完成まで至らず残ってしまった。外出自粛令でやることなく、時間つぶしの出番となった「忘れていた寄木器材」。

木固めエース1回目を塗布。

埃を払ってやっと出番が回ってきた材。

ターニング初期、夢工房で寄木の作り方を教わった時のものと思われる。

さくら器に、黒檀とカリンを寄木に浅く埋め込んであった。

埋め込み材の接着強度が心配で、厚めにターニング。

欅器に随分出っ張った埋め込み材。ウエンジとミズキを重ねて接着。初心者にしては、手の込んだ寄木。

赤欅で色合いgood。これが最後の寄木器になるだろう。

いつもの早朝6.000歩テクテクコース。当地はGW前後から田植えが始まる。随分大掛かりな苗床。2~3日うちに田圃へ出ていくだろう。

今朝は用水路からの水を取り入れ、勢いよく広がっていった。

昨日田植えが終わった田圃は泥水が澄みきれいになっていた。