木皿用円板挽き

明け方はまだ小雨が残りウォーキング中止で二度寝を決めこむ。何となく調子が出ない。のんひびりしてて昼近く、馴染みの銘木店へ彫刻用の朴板材探しに行く。手頃なのが見つからず、代わりに椨(タブ)と欅の幅広薄板をget。パン皿用の板材がなかったので、これで作ろうかと思う。さくら板が欲しいがget難。ギリギリ効率よく木取りするので、バンドソーにのっけて切り抜きに苦戦。やっと大小20枚を切り抜く。残りの5月は木皿作りになる予定。

椨が読めず、勘でタブとpcに打ち込んだら漢字がでて当たり!楠科との事。

幅400×有効長1.800×厚20mm。パン皿用に径240mm中心にする。

欅幅450×有効長1.500×厚20mmこれも径240mm中心にする。

椨(タブ)材は使ったことが無く、どんな仕上がりになるか?あまり特徴のある材には見えない。楠科にしては匂いが無い。

銘木店では欅と言うことでgetしたが、チャック掴み50mmを掘ると木目が欅?

直感では赤味の楢かとも察せられるが。ターニングしてみればはっきりするだろう。ターニングで虎斑が出れば嬉しいがな。