初めての材でパン皿

昨日、円板に切りぬいた材でパン皿作り。上2枚は椨(タブ)、下2枚は椎(シイ)でパン皿としては初めての材で作ってみた。下2枚は欅だろうと思っていたが、ターニングすると違う。銘木店主が(シイ、道端に生えている椎)と言っていたのを思い出した。最近耳が遠くなり、漫然と聞き流していたがこの事だったと思い出した次第。タブは杢・艶が出て、椎は赤味が強くなり、目が粗い。

木固めエース塗布1回目。

径240×厚20mmで薄く仕上げ。塗装前。

早朝ウォーキング。am5:50、18℃で暖かく半袖ホロシャツでOK。いつものコース、今日のテーマは「ローカル設備・施設」。我が街・春日部市に最近「イチゴ農園」が出始めた。ビニールハウスに胸高のイチゴ棚があり、春先には色々な種類の「イチゴ狩り」が出来る。今年はコロナ騒動でイチゴ狩りの人出はまばらだった。シーズンoffとなり、あちこちで植え替え?が目立つ。

 

こちらは「介護付き老人ポーム」の建設が進んでいる。春先に埋め立てが始まったが、もう基礎・地下室らしき鉄骨組が入り組んでいる。犬を連れた散歩のおばぁさん、聞いたわけでは無いが「4反分」埋め立てたんだ。と話しかけてくる。気持ちのいい朝。

 

3/末に田圃を埋め立て完了の約6千坪の土地。もう「祝売約」が目立つ。

1時間20分のテクテク8.000歩。のんびり、だらだらで歩きの効果は?