籠城生活の副産物

約2ケ月に近い緊急事態宣言による外出自粛が段階的に解けてきた。6月1日の今日から学校・職場へ出掛ける姿が見える。同居の孫も新入社員ながら、出勤3~4日のみで在宅勤務になったが、何やら緊張の面持ちで出勤していった。隠居の身にも解けると気分的にホッとする。この籠城生活の副産物として「天声人語」の書き写しがあった。三日坊主と思いつつ4月28日から始めたが、今日6月1日で5月まるまる1ケ月間継続できた。過去数えきれないくらい日記をつけはじめたが、いずれも三日坊主だった。齢を重ねて、気が長くなったのかな。

右・4月28日から5月29日。左・5月30日から~。さてさて、いつまで続くやら。

ページをめくると、右上段に朝日新聞朝刊の「天声人語」切り抜きを貼る。

左右のページに縦書きで書き写し。左上・8~9行に横書きで感想や日記風の書き込み欄に記入。この天声人語は、何十年読んでいる事か。現役でピリピリ緊張生活の時代は、出だし2~3行や5~7行だったりでテーマを当てられた、早く当てられるとにんまり。今は10行前後になった。政治・経済・社会風潮・・・あらゆる情景が掲載されてきた。特に前置きの事例とテーマの関連が勉強になり、その後の物書きに応用出来て助かっている。今回の目的はペンを走らせること。読みは、新聞・PC・本や雑誌で長時間やっているが、書くことはほとんどなくなっていた。文字も棒や点の忘れもあり、拡大鏡片手に震える手でみみずく這った字を書く。先日Bicボールペンのインクが切れた。書いて切れるのも嬉しい。今日のボールペンは、子ども達へ作った手製の簡単ボールペンで。

仕掛中の黒檀ボールペン用材の面取り。真鍮棒の面が出るまで。

真鍮棒のバリ取り。

コンプレッサーで8kに圧縮したairで、真鍮棒内の屑を吹き飛ばし、CRC-556を付けた綿棒で内面掃除。

ボールペン20本分/40個の黒檀材がやっと完成。あとはターニングのみ。ここまでの前処理が2/3、ターニングと仕上げは1/3の作業量かな。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ひねもす工房 (月曜日, 01 6月 2020 20:34)

    天声人語の書き写しですか。びっくりしました。凄いことです。随分と役だったことと思います。

  • #2

    つねさん (火曜日, 02 6月 2020 16:21)

    ありがとうございます。
    こんな事、もの好きでないとやりませんね。でも勉強になります。

  • #3

    MU工房 (水曜日, 03 6月 2020 00:02)

    天声人語の下記写しですか、凄いことやりますね。見習わなくっちゃ。
    それにペンの仕掛、綺麗です。CRCでチューブの中を綺麗にするとは初めて見ました・・・これも見習います。

  • #4

    つねさん (水曜日, 03 6月 2020 16:53)

    ありがとうございます。何も自慢する事をやっているわけではありません。ネタが無くなったのでup。大分前、名入りボールペンを30だったか50本だったか作った折、cap側が固くて回りずらかった事があった。それ以来内面掃除でクレームゼロになった次第。クレームの反省です。