アマビエ煎餅

今日もどんよりムシムシでかったるい日。体が5月の爽やかさから馴染まない。今朝の朝日/朝刊「天声人語」のテーマは「アマビエ」だった。大分前に新聞掲載でアマビエ?「甘えび」ではないかと思っていた。暫くして埼玉版に春日部市の三州製菓でアマビエ煎餅を製造販売開始と出ていた。思い出して近くの三州総本舗へ行きget。煎餅に印刷したとか、全国種々便乗商品がでているがその一つ。写真右・アマビエ煎餅。ボールペンは、ターニング仲間でもあり、先生でもある横浜の山下さん作アルミ・レディースボールペン。

ウキペディアによれば、アマビエは174年前の1846年江戸時代の木版画にでいいる。日本に伝わる妖怪。海中から光り輝かせる現象を起こし、豊作・疫病などに関する予言をしたとされる。転じて防疫も。詳しくは天声人語へ。

天声人語を書き写し始めて1ケ月、2冊目に入ったところ。左・アマビエ煎餅、右・ヨゲンノトリ?  訳の分からん便乗煎餅だな。1枚130円+税。