ミニ花壇を夏模様に

今日のはam曇り、pm雷雨との予報、急ぎミニミニ花壇の球根を掘りだして夏模様に衣替えする。真ん中に千日紅の苗を地植えにし、プランター10個にペチュニァを2株づつ植え付ける。上手く根付けば真ん中に背高の千日紅、周りに低いペチュニァが色とりどりに咲くだろう。先日植えた朝顔が一つ空色の花を咲かせ、初物胡瓜が1本「収穫」出来て昼食に味噌をつけてかじる・美味い。

花壇の末路は荒れ放題。球根採取に葉が枯れるまで待たなくては。

チューリップ・水仙・ヒヤシンス・ムスカリー・その他?をスコップで掘り出し、牛糞を撒いて再度かき混ぜ千日紅の苗を植え付け。ついてくれるかな?

am5:50いつものテクテク8.000歩の出発。蒸し暑く間もなくじわ~っと汗かき。以前あちこちぶらぶらで「ミニサボテン庭園」を発見。我が家のミニ花壇もこんな風にと、参考によく見たかったが、場所を思い出せなかった。偶然通りかかり「再発見」。さして広くない庭先に多種多様のミニサボテンがびっしり、見事。水はけ下地作りと、手入れの仕掛けがあるんだろう。

乾燥を好むサボテンを春日部の露天庭OKかと思うが、見事に活き活き。

我が家も真似したいと思っていたが、水はけ悪く断念していた。代わりに工房の片隅に木製cupを作って植えている。何とかやってみたい造り。