出来なかったワイングラス

今日も4日続きの朝からの雨。そろそろお天道様を拝みたくなった。

我が家の「お宝」にワイングラスがある。茨木県高萩市のたなつる工房作。

JWAの仲間でもあり大先生格でもある。度々訪れては、講釈頂いたり、材を分けて頂いたり大変お世話になっている工房。写真のワイングラスは、いつかターニングの腕があがつたら作ってみたいと見本に分けて頂いたもの。ターニング歴12~13年経つも依然としてその域に達せず今日に至る。体力・気力・技術力でもう出来なきなくなった。残念ながらこのグラスで「残念乾杯?」をしなくては。ちなみに、仕様は下記の如し。(mm)

左・トチ・漆仕上げ・高さ200・上口外径55・胴max61・深さ102・高台65

右。カエデ・漆仕上げ・200・60・60・100・68

このワイングラスを作ろうと、無理して分けて頂いた朴角材。100×100×600mm位。たなつる工房では、同じ朴材から作り出している。まさに名人芸。