今年最後の「大将錦」

am5:30・玄関を出て空を見上げるもポツポツと小雨。五日続きの雨の朝でウォーキングままならず。日中の晴れ間に出来るが、早朝でないと足が重くて気分のらず。昨日夕方遅くなって、故郷の山形からさくらんぼが届いた。同封の手紙には、今年最後の「大将錦」とあった。特別栽培の固く身がしまり、大粒で甘さ抜群のさくらんぼ。親戚のさくらんぼ園でも別格扱いの高級贈答用。

九州の大水害報道にこころ痛む毎日だが、このさくらんぼで元気づけしてあげたい気持ち。朝・昼・夕食後のデザートに何とも贅沢な気分になる。感謝。