時代小説にハマって

時代小説にハマっている。5/末に不注意で胸と背中を痛めて「木工休業中」。現役44年+木工中心のその後14年=計58年間で1ケ月半もごろごろぐたぐた生活は初めての事。動きたくとも動けずの「夏眠生活」が続く。出来るのは、仰向けに寝っ転がって本を読むこと位。お堅い本は睡眠剤になるので、肩の凝らない「時代物」。1~2日に1冊めくるのですぐ在庫切れになる。江戸中期の名刀チャンバラ文庫本が面白い。真贋のほどは分からんが、聞いた事のある「伝説の名刀」がまことしとやかに登場。時代ものの○○流剣豪ヒーロー登場の活字漫画。こんな生活が暫く続くと思うと、梅雨空よろしくげんなり。

名刀の解説は縷々続くが、不思議と鍔の解説が無い。知人の「鍔工」によれば、鍔を極めれば奥深い物語があるそうな。そのご仁は、昨年末にスペインから招かれて「日本刀の鍔講演」に行き、1ケ月近く各地で実物講演をしてきたとの事。写真は真鍮で作ってくれた干支(丑)の鍔。名入り。

11巻シリーズの名刀小説。現在は4巻と9巻物を交互にめくり中。

am5:00×22.4℃×60%でひんやり気持よし。東コースへテクテクスタート。最寄り駅まで2km往復の8.000歩。汗もかかずに快適。

20年前頃まではそれなりに活気のあった商店街も、御多分に漏れず寂れてシャッター通りにちかくなった。早朝でもあり人気無し。