日焼けした「JWA」置き看板

時折小雨のパラつく梅雨寒の一日。連日コロナ罹患者数の発表が記録更新でまたまた滅入る。自粛開放となったが、このままでは再発令もありうる勢い。

各種イベントが中止され、再開の目途がたたなく物作り人には張り合い無し。

2月初めに夢工房主・JWA会長だつた佐野さんが逝かれて早や半年近くなる。

主だつた関係者での遺品整理も終わり、ターナーにとっては華やかな一時代が終わった。my工房もJWA設立計画段階から微力ながら協力してきた。遺品整理時に片隅から写真の日焼けした「JWA」置き看板が出てきた。

故・佐野さんと相談して、夢工房やJWAの看板各種を数多くつくってきた。このJWAも思い付きで、あり合わせのタモ材(250W×180H×50T)にトリマーで彫り込みフォレストグリーンで色付け、チークオイルを塗布したもの。

故・佐野さんはグリーンが好きだった。JWA看板文字はグリーン一で統一してきた。作ってから10~12年位経つが、今は里帰りしてmy工房にある。