あちこち記念の通行手形

am5:15玄関を出てみると小雨模様、テクテク中止で二度寝入りのぐーたら。いつものyou tube や文庫本読み、買い物付き合い等でつまらん一日。ストッカーの奥から通行手形のboxが出てきた。昭和50・60年代に出張や旅行等で訪れた先々で記念に求めた通行手形。いまどきは無いと思うが、当時は安くて記念品に手頃だつた。70個位あると思うが懐かしい。

断捨離で処分するつもりでBoxに詰めたが、惜しくなって残したのかな。CMPで埃を吹き飛ばすとまだ新品同様になった。

共通点はけやき材で将棋のコマ型五角形。大小様々。

1970.80年代の観光地土産の三大品目は、①通行手形②民芸提灯③ペナントだったと思う。手頃な金額で喜ばれたのだろう。

北海道・東北・関東・中部地方が中心で、広島原爆ドームのもあった。

net検索すると、この時代の手形は500~1.000円位で販売されている。

平均価格824円とも出ていた。金額はともかく、よくもあちこちほっつき歩いたと感心する。海外ではペーパーナイフゃスプーンが多かった。