雑草が人気らしい

木工中断して3ケ月になる。胸と背の骨を痛めて静養と夏休み名目だった。出来れば9月より細々ながら再開したいと思っているが果たして。毎日のブログ更新、ネタ枯れで困っている。止めても良いのだが日課になって、更新しないと借金を残した様で後味悪し。ので、古い記録を引っ張り出して無理にup。

写真は2011.11.5「杉の六文銭」とあった。この時期はmy工房定番商品で、杉幕板・幅240×厚24×長さ2.800mm前後から厚20×径180~220mmの鍋敷きを作っていた。隣の市商工会秋祭りに出店、30~50枚はいつも完売だつた。丸・四角・デザイン・杉・さくら・ならetc各種各様多々の鍋敷きが好評だつた。

昨日の朝日・夕刊に「雑草人気の記事と写真」が大きくでていた。am5:30my工房は既に30℃。タオルを腰にテクテクスタート。農道の道端につゆ草が朝露を宿しながら咲いていた。夕刊記事を思い出して撮る。以前から気になっていたウォーキングで見かける諸々の草花。名も知らず見過ごしてきた。暇人になって15年。あの世の手土産話に身近な雑草+花を覚えようかな。ちなみに

つゆ草の花言葉「尊敬・変わらぬ思い」とか。英語でDayflower(日の出から日没までの花)と出ていた。タオル活躍の9.000歩。

pm14:00の工房は40.0℃×27%で今日も「夏日和」。はやく20℃は下がってほしいところ。昔仲間に残暑見舞いを出したが、もう少々待った方がよかったかも。