メタボの牛助

秋雨が終日続く。それ程肌寒さは感じないが、丸裸になった柿の木を眺めていると陰鬱になる。スカッと秋晴れの青空が待ち遠しい。今日は来年の干支「丑」作り。赤樫の胴にヒバ材の頭、黒檀の目・鼻・口・角に本革の耳と尾を付ける。ヒノキ頭は黄味がかっているので、カエデ色のウレタンニスで薄く色付け。いささか早いが、試作中で年末までに15.16個ほど作りたい。

ごま摺り器用の赤樫を転用する。

丸味の胴にターニングしてツルツルピカピカ磨き。

メタボ系牛助と牛子のカップル。材が残り少ないので別スタイルも試作しなくては。