小太り七つの子

am6:30の工房は11.1℃で幾分温かい朝。今日は引き続き干支「丑」作り。最初に目玉を黒檀で径5×軸2.5mm前後のキノコ状を20個ほどターニング。頭を7個作り組み立てる。小太り七つの子誕生。

カエデで径×長を50~60mmにして頭を作る。先に目鼻口角耳尾の10ケ所に3mmの穴あけ。ツルツルピカピカ磨き。

頭7個が完成。

来客の手土産に何個が養子に出したが、在庫分20個が完成。胴は赤樫・セン・ヒバ、頭はカエデ・ミズキ、目鼻口角は黒檀・紫檀・パドック等様々。耳と尾は本革にする。丑作りは一段落で、後はペァーのSnow Man作りに入る。

例年の干支お届けは干支のペァーだったが、来年のは干支とsnow manに。