温かい晩秋の冬支度

今日は(木)定例グラウンドゴルフ会。am9:30スタート、暖かい朝で途中から上着を脱いでのプレー。暖かい晩秋の冬支度で毎年恒例の干し大根の醤油漬けをする。またご近所さんから頂いた大きなかりんで、「カリン酒」漬けも。

行きつけのスーパーで山形庄砂丘干し大根をも見つけて購入。1束16本入り。一口大に乱気切り、醤油・酢・ザラメを煮立てて流し込む。7~10日経てばパリパリで美味い定番「大根醤油漬け」が出来上がる。冬の定番漬物。

山形県庄内砂丘産の干し大根。

故郷山形ながら、庄内砂丘があるとは知らなんだ。何でも名付けが流行るご時世。鳥取なら知っているが・・

束子でゴシゴシ水洗いして一日干す。

庭の水場で男仕事の乱切り。

格好より実用本位の作業。

味噌樽を転用して乱切り入れ。

ご近所さんで立派なカリンが成っていた。話題にしたら3個届けてくれた。

ご丁寧にカリン酒作り説明書も一緒に。果実酒ホワイトリカー35℃と氷砂糖を説明書通りに漬け込む。1年後に試飲出来るそうな。

1個500g前後のカリン。

リンゴやナシのように生食出来れば良いのだが、渋くてダメ。

皮・種ごと輪切りにする。

3個でも結構なボリュウムになった。

11月3日にぶら下げた柿。しなびたオッパイ揉みをして、カリン酒漬けの焼酎を霧吹き消毒。小さなカビがあったが、これでOKかな。

my工房のpm13:30は25.6℃×40%の夏日。通り抜ける微風も春先の生暖かさに感ずる。

あと1ケ月もすれば20℃は下がる工房。この暖かさを取っておけないかな。