カーバイド・カッター研ぎ

日に日に朝の寝起きがおっくうになってきた。気にすることは無いのだが、朝寝坊は何となく気が引ける。昔気質の名残かな。ターニング中に時折イージーツールを使う事がある。カーバイド・カッターが研ぎはしなくてもOKとのことだが、使えば切れ味落ちる。今日はダイヤモンド砥石の#400と#1.000でCRC-556を注油して油研ぎ。心持切れるような感じになったがどうかな。

写真は研ぎ後の4本と6角ネジがバカになって取れない1本。

研ぎ前の5本。

左から①6角ネジ山つぶれで取れないミリネジ□型Ci1R4②ミリネジの□型Ci1R4③十字ネジの□型Ci1S④吋ねじの□型ci1R4⑤吋ネジの〇型ci0

研ぎ前。

ダイヤモンド砥石400番にCRC-556を垂らして研ぐ。

ダイヤモンド砥石1.000番にCRC-556を垂らして再度研ぐ。幾分切れるように

なった感じだが、まだターニングしてない。生ミズキ角材が沢山あり、近々出番が多くなる予定。どなたが研ぎの上手い方、ご指導ください。