革貼りbox

コロナの猛威続く、これでもかと曜日別「新記録」までおどりだす。素人目にはオリパラ開催は「ダメ」と早く打ち出して欲しいが、代わりに記録更新報道ばかり。報道予行訓練じゃあるまいに。とくに作る当てもなく、暇つぶしにミズキboxに革貼りしてみた。まだレザーサークルcut治具購入してなく、カッターとハサミで切り抜くもいまいち。微妙な切り口が仕上がりを左右する。

ミズキ角材を円筒にターニング。薄っすらとヒビ割れ見え大丈夫かな?

底にバーニングペンで書き込んでからツルツルピカピカ磨き。

革貼り込みに2mm掘る。チャックが合わず、まな板チャックを二重にして仕上げ。

厚2mmの革を径57mmに切り抜く。先に型板を作って、マジックでなぞる。カッターとハサミで切り抜くも微妙に凸凹とケバ。蓋に接着剤を塗布したところ。

外径80×高さ80×革径60mmのBox。何をいれようか。