偏芯もまた楽し

勝てば官軍負ければ賊軍とはよく言ったもんだ。良くも悪くも負けたトランプは石もて追われる如し。毎朝の日課となった天声人語の転写。今朝の内容は書いていて気分が悪くなった。いやしくも一国の総理をいち記者がこきおろす。前々から朝日は偏向記事が多すぎると思ってる。万人が愛読する大衆紙。批判は自由だが、不快感を抱かせる表現は記者の品格が疑われる。

今日は「オフセンター・ターニング」を楽しむ。いつものyou tubeで見たduckを勘で適当に試作する。「偏芯もまた楽し」いもんだ。

北軽井沢の木工仲間から分けていただいたミズキを重宝している。

径80×長さ300mmの丸棒を作る。

先に同芯で胴体をターニング、次にけやき円板に芯をずらして径50mmの受け凹みを掘り、偏芯で首・頭をターニング。

目検討での偏芯ターニングだったが、何とかそれらしくなった。

胴max径80×高さ170mm。本体ミズキ。くちばしチークでツルツルピカピカ磨き。目は黒檀にしたかったが、省略して黒マジック。手抜きはいかんな。