太っちょおねぇちゃん

am7:30の工房は7.9℃で暖かい曇天。テクテク帰途にはポツポツ降り出し、終日の雨で夕方には朝より冷え込む。今夜は初雪かな。TVでメキシコかな、帽子を被って何やら背負い、太目の「おばちゃん」が映っていたのが妙に印象に残っていた。色黒だったが、色白おねぇちゃんに「メキシコ風こけし」を作ってしまった。ミズキbodyとHATに革を適当に貼り付ける。目/黒檀・鼻/パドック・口/革。何だか国籍不明の太っちょおねぇちゃんに。

いつものミズキを径80×長さ300mmの丸棒にする。

太めのこけし風にターニング。高さ150mmにcut。

ボルトチャックで咥えてこけし風に仕上げ。塗装なし。

お供え餅に顔と帽子を乗っけた感じになった。

適当に革を貼り付け、15~16年前に糸鋸で作ったサボテンとコヨーテと一緒にライトboxで撮る。ブルーは合わないな。

コロナの「副産物」が工房の棚に並びはじめた。埃除けを考えなくては。