ミズキCAT

am6:30の工房は4.9℃で左程の寒さ感ぜずテクテクスタート。いつもより少々早いが、夜明けが早くなりテクテク人多くなった。PCを開くと検索した関連商品広告が次から次と出てくる。うかつに検索も考えものだ。その一つにターニング木製animalがあった。作者不明ながら、またまたアレンジして作ってしまった。先日TVで火星人の絵を描く場面があった。ほぼ全員タコ型幽霊型。

作っていて「火星型Cat ?」とも思っていしまった。

いつものミズキ角材を径80×長さ300mmの丸棒にする。

少々偏芯で胴を作る。頭に挿し込み代径20mmを作る。

ミズキ頭と胴、チークの尾、ケヤキの耳、黒檀の目鼻、革の口元、箒のヒゲ。

胴径70×高さ120mm、頭径60×横幅100。頭デッカチ気味かな。

首元が寂しいので革の赤ハーフマントを着せてみる。

生きたCatは苦手だが、コケシの類と思って並べて置こう。