ピノキオ変じてカッパもどきに

am7:15テクテクスタート。北西の風やけに冷たい。いつもの富士山全く見えず春近し。あちこちのぞきながら小1時間6.000歩。朝食後、天声人語転写、研ぎ、来客等でam終わる。pm予定変更して工房再開。ピノキオをイメージしてターニング開始するも、いつもの如く気まぐれ整形。14個の部材を作って組み立てると「ピノキオ変じてカッパもどき」に。イメージ通りに作るには、簡単なスケッチが必要かも。気ままターニングは終わってみないと何が出来るか分からん。良い様な悪いような。本人が良ければ全て良し!としよう。

ミズキ径65×長さ150mmを適当に頭と胴に線引き。

頭と胴を作る。頭に6mmの穴あけ。HATを載せるダボ用。

ミズキ/胴と頭、ケヤキ/HAT、6mm綿ローブ/脚、樫/手、ウォールナット/足、6mmラミン棒/ダボ、目/黒檀。

HAT天辺にぶらさげ用の根付を付ける。

ぶら下げたら西日が当たってきた。当分定位置かも。