ささやかなボランティァ

雲一つない暖かい春の一日。自治会老人会の定例グラウンドゴルに参加。オリンピック精神で散歩を兼ねての5.000歩。仲間から「旗の柄」を作って欲しいとの要望。登下校の見守り隊で使う旗の柄が折れてしまったとの事。半年くらい前に3本分作ってあげたうちの1本。ささやかなボランティァで作る。

軽い杉で250mmの絵を付けたが、根元から折れたとの事。

あり合わせの桧角棒をターニング。15×70mmの挿し込み穴あけ。

真ん中に節があったが、長さ310mmの柄をつけて全長1.200mmに合わせる。