桧花台組み立て

左手揉みほぐしのリハビリに行く。行きつけの病院・理学療養士と厳めしい肩書の20代前半と思しき「美療養士」の華奢な手で40分のマッサージ。プロの骨があるとみえ、筋肉・筋がコリコリ痛痒い。手首の上下が思う様にならず、力を入れると「痛てっ!」困ったもんだ。仕掛中の桧花台3台の組み立てまで完了。ターニング、左手は軽く押さえるだけにして慎重に。肩が凝る。

偏芯脚でなく、挿し込み穴を径25mm×20度の傾斜であけ挿し込む。ボンド接着後、抜け防止に35mmコースレッド打ち込み。10mmダボ穴あけ捻子頭隠しに木栓を打ち込む。まだ未塗装。