蓋つき浅型器

am5:00、雨は上がっていた。いつものコースをテクテク5.000歩。ひんやりの早朝だったが、6:00前に戻る頃にはじっとりの汗。冷水での身体拭きで気分良好。昨日円板に切り抜いたサワラ材で「蓋つき浅型器」を2組ターニング。

蓋つきは久方ぶりで試作を兼ねて。依頼者の希望サイズに合わせて、概略下の身は外径130×上の蓋は外径140mmで嵌めあう様に調整。サワラ材での器ターニングは記憶になく心配したが、何とかなった。柔らかい材で心許ないが。

左/上の蓋になる径150×厚40、右/下の身になる外径140×厚40mmのサワラ材。

上下ともチャック穴径50×深さ5mm。高さ下の身/40×上の蓋30mm。

am2時間のターニング。明日同じく2組作る予定。塗装なし。